FPSで5.1chを試す

画像

で、TRITTON PROですが、結論から言うとかなりいいです。
5Hv3とSB-Zのヴァーチャルサラウンドは定位がいまひとつでした。
バーチャルサラウンドは要は耳と脳をだますものなので、耳がよすぎる人は逆にわかりづらい・・・ と、どこかで見たような気がします。
私、耳には自信があります。
まぁそれはさておき、TRITTONは『後ろ』がよくわかります。
真後ろは微妙ですが斜め後ろはかなりはっきり聞こえます。
以前は『左右』はわかっても『前後』はわからなかったので大変満足です。
ただ、普通につないだだけではノイズがえらいことになります。
スピーカーが合計8個も付いてるおかげでピンジャックからだけでは電力が足りずUSBから給電するんですがコレが曲者らしいです。ず~っと『ピーギョロギョロ』ってファックスみたいな音がなってます。
給電をPCではなく外部からとればノイズは消えるのですが、そうするとマイクが使えなくなります。マイク音声はUSB経由らしいです。何のためのジャックだよ。
色々調べたら、PCオーディオではUSBのノイズ対策は結構当たり前らしく専用の機器もありましたが高い。地道に物色中、こんなものを見つけました。
画像

バスパワーUSB機器用ACアダプター アイ・オー・データ機器 USB-ACADP5なるものです。
USB機器に電源を供給するんですがPCからのUSB電源とは切り離されておりノイズが入らない上マイクが使える、まさに求めていたものでした。
これで一件落着と思いきやひとつだけ問題が。
画像

外部から電源供給しているのでPCをシャットダウンしても電気流れてる。
初日は見事に一晩中イルミが点きっぱなしでした。
スイッチつきのコンセントにしてコレも解決。
そしてバッファローのヘッドセットですが
画像

息子が使っております。
そう、息子とSF2をするときにスカイプを使うのでどうしてもマイクが必要だったのです。
ちなみにバッファローですが、ちょっと試したら普通に聞こえました。定位もそこそこ。
あ!、よくリアル5.1chはスピーカーが小さいので音がこもったりすると書いてあるのを見ますが、気になるほどでは無かったです。両方ともね。
5Hv3と聞き比べもしましたが、それほど明確な差は感じませんでしたよ。
マイクもバッファローのほうは非常にクリアで聞き取りやすかったです。環境音もよく聞こえますが(笑)
TRITTONのマイクは自分で聞いてないので定かではないですが、息子曰く『普通によく聞こえる』そうです。
5.1chどうかな?って思ってる方、おすすめですよ。
画像

あ、コレどうしよう
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック